株式投資の無料必勝法について

株式投資の情報を提供する株式投資必勝法があります。無料と有料があり、無料は経済ニュースから経済評論家が分析したもの、有料は経済評論家の独自の調査が含まれているものと考えることができます。しかし、将来を完全に予想して当てることは困難であり、読者が納得できるような説明がされているかで価値が決まります。
株式投資必勝法は完全に当たるとはいえませんが、無料で手に入れられる情報で、うまく運用できる必勝法はあります。それは分散投資をしてリスクを分散させ、予想が外れたときの損失を最小限にする方法です。
分散投資の一例として10銘柄を10万円ずつ、1万円の損失で損失売りすると決めて投資することで、3銘柄が3万円ずつ計9万円の利益を出せば、残りの7銘柄が1万円ずつ計7万円の損失でも、合計すると2万円の利益になります。すなわち、10銘柄中、3銘柄だけ予想が当たっても利益になります。
また、銘柄を選ぶときには、株価が上がると思われる銘柄を選ぶよりも、株価か下がる可能性が低い割安株を選ぶことです。
割安株を選ぶポイントしては、ROE(株主資本利益率)が15%以上、PER(株価収益率)が10倍以下、過去数年間の業績に安定感があり、業績予想も増収増益である銘柄です。ROE、PER、過去の業績、業績予想などの情報は証券会社などが無料で提供するスクリーニング機能を使えば検索できます。ただ、割安株の条件がすべて合うことは少なく、同じ職種の銘柄と比較して、条件に近い銘柄を選ぶようにする方法もあります。
この必勝法は、分散投資であるため、大きな利益になりにくいことと、割安株は投資家の人気があまりないため、株価が近いうちに上がる可能性は低く、長期運用でなければいけません。短期的に大きな利益を得たい人には適していない方法といえます。